エビ捕りの小舟に何度か出会った。

 船旅約3時間半で、スカウ地区キナバタンガン川沿いのBORNEO NATURE LODGEに到着した。
 ここで2泊。

キナバタンガン川を遡る。村ごとにちいさな船着き場がある。

サンダカンの港からいったん海に出て、キナバタンガン川の河口を目指す。

日程・景色など
2012年7月26日(木)-31日(火)

7月28日(土)午後から30日(月)昼まで、2隻のボートに分乗して、本流や支流などをめぐり探鳥。

日曜日、家族に連れられた女の子が、釣り糸をたれていた。

7月28日(土)午前、スカウ地区に向かう。

マレーシア ボルネオ島 サンダカン・スカウ @

写真館入口に戻る
ボルネオA鳥類
ボルネオB哺乳類・爬虫類

目当てのひとつであったボルネオ象が出たとの情報を聞いて、エンジンフル回転で30分、飛ばしに飛ばした。他のボートたちも一緒にまるでレース状態。到着した現場にはすでに20隻近くのボートがいたが、象はもう姿が見えない。残念。
ロッジに引き返す途中、飛ばしすぎでガス欠。
すでに連絡済みで助けが来ることになっているというが、空はどんどん暗くなり、月だけが明るさを増した。

 暗い水面を漂流すること約50分。
 ガソリンを積んだ助け舟がようやく到着して、無事生還。

7月30日(月)昼、近くの船着き場に移動してバスに。
陸路2時間以上でサンダカン空港へ。
マレーシア航空MH2707便でサンダカン空港18:45発クアラルンプール空港へ。
クアラルンプール着21:30。
国際線に乗り継ぎ、マレーシア航空MH088便23:30発で成田空港へ。
7月31日(火)07:40成田空港着。 日本の方が暑いような気がする。

セピロックリゾートは、花々が飾られていた。

 セピロック保護区の夜明け

7月26日(木)22:05マレーシア航空MH-093便で成田発クアラルンプールへ。
7月27日(金)04:30クアラルンプール着。国内線ロビーにまわり、出発を待つ。相変わらずこの空港の冷房は強く、寒い。
08:05マレーシア航空MH-2710便でサンダカンへ。
10:50サンダカン着。現地ガイドと合流。
バスでセピロックの宿舎SEPILOK NATURE RESORTへ。同日午後と28日(土)朝、ロッジ敷地内やセピロック保護区内のキャノピーなどで探鳥。