現地ガイドは「カメレオン」と言っていた。場所によって見る見るうちに体色が変わる。

リス

ムササビ

 哺乳鋼サル目(霊長目)ヒト科オランウータン属オランウータンは、貴亜種ボルネオオランウータンと基亜種スマトラオランウータンの2亜種のみ。
 2亜種は別種とすべきとの学説が強い。
 ボルネオにいるのはもちろんボルネオオランウータン。

 何度か見かけたがなかなか撮影できなかった。最後に出会った生後2週間ほど(現地ガイドによれば)のBabyが、人間見物に降りてきて、被写体になってくれた。

 哺乳鋼サル目(霊長目)オナガザル科マカク属カニクイザル。
 ニホンザルもマカク属の1種。

2012年7月26日(木)-31日(火)
マレーシア ボルネオ島 サンダカン・スカウ B

 哺乳鋼ヒヨケザル目(皮翼目)ヒヨケザル科ヒヨケザル属マレーヒヨケザル。
 ヒヨケザルはフィリピンヒヨケザルとマレーヒヨケザルの2種に分類される。
 マレーヒヨケザルはジャワ島、ボルネオ島、マレー半島の3集団に分かれ、最近の遺伝子分析の結果では、それぞれ別種としても良いほど遺伝的に隔離していることがわかったとのこと。
 だからこれはボルネオヒヨケザルと呼んだ方が良いのかもしれない。

 宿舎の敷地内にいた。「あ、みつかっちゃった。こまったな」というような顔をして、そろりそろりを幹をのぼり、葉陰に消えていった。

哺乳類・爬虫類
 哺乳鋼サル目(霊長目)オナガザル科テングザル属テングザル。テングザル属は本種のみ。
 ボルネオ島固有種。


写真館入口に戻る
ボルネオ@日程・景色
ボルネオA鳥類

泳げないオランウータンが川を渡れるように作られたオランウータンブリッジ。

オオトカゲ