2014年1月22日(水)-28日(火) エチオピアD チャイロカナリアなど



   




セイキムクドリ Greater Blue-eared Staring




コセイキムクドリ Lesser Blue-eared Starling




 コオナガテリムク Rueppell's Starling




キンムネオナガテリムク Golden-breasted Starling




ツキノワテリムク Superb Starling




ムラサキチャムネテリムク Shelley's Starling




シラガテリムク White-crowned Starling




ルビーオナガタイヨウチョウ♀ Tacazze Sunbird




カワリタイヨウチョウ Variable Sunbird




ウツクシオナガタイヨウチョウ Beatiful Sunbird
♂中間羽




テリタイヨウチョウ Shining Sunbird
♂中間羽




アフリカヤマメジロ Montane White-eye




クリイロスズメ Chestnut Sparrow
左、♂成鳥  右、♂若鳥

   


ムジハイガシラスズメ Swainson's Sparrow
準固有種




朝日にハタオリの巣。




アカハシウシハタオリ Red-billed Buffalo Weaver




マミジロスズメハタオリ White-browed Sparrow Weaver




キイロハタオリ Rueppel's Weaver

   


左、ムジハイガシラスズメ  右、キイロハタオリ




コウヨウチョウ Red-billed Quelea





キタキンランチョウ Northern Red Bishop
左、♀  右、♂

   


セイキチョウ Red-cheeked Corden-bleu





ムナフヒワ African Citril または Southern Citril




チャイロカナリア Brown-rumped Seed-eater
固有種






   






 想像以上に鳥の種数、個体数が多く、人と鳥の距離が大変近い国だった。今までケニアとベネズエラが世界で鳥の多い国双璧と思っていたが、それを超えていると思う。
 観察種数220〜230ほどの中で120種以上、ほぼ50%を撮影できたのも、かなり高い率だと思う。
 国民の平均収入が1日2米ドル、約200円程度という話も聞いた。
 いろいろ印象に残る旅だった。






写真館入り口に戻る
前の展示室に戻る