第62回 平成22年(2010年)1月14日掲載



キセキレイ

 一目で美しさが目立つ鳥もいますが、よく見ることでしみじみ魅力が見えてくる鳥もいます。キセキレイ=写真=は後者の一例です。頭・背・尾は濃淡のある灰色、胸・腹・腰が、それに調和した淡い黄色に彩られています。アフリカ、ヨーロッパ、アジアに広く分布、他のセキレイ類と同様に尾を上下に振る動作が目立ちます。「チチンチチン」と鳴く声は爽やかです。 
 昨年末の12 月30 日、さいたま市緑区のさぎ山記念公園にでかけました。私が担当する探鳥会の下見です。そこで出会ったのがこのキセキレイ。入口近くの浅い水路で、長い尾羽の手入れをしていました。「お、今冬も来ていたか」と、カメラを向けます。そこにはハクセキレイ、セグロセキレイもいて、セキレイ類3種がそろっていましたが、中でも、キセキレイの静かな黄色には、ひきつけられます。撮影している私につられてか、通りかかった人もカメラを向けます。
 年が明けて4日、県内各地で年間100 回以上開催する野鳥の会県支部行事の始まりです。さぎ山記念公園付近の探鳥会に集まった34 名
を、キセキレイは下見の時と同じ場所で、尾を振りながら出迎えてくれました。 

 



読売連載入口に戻る
前に戻る
次に進む